4つの挑戦①-教育・出産育児-(2)

みなさん、こんにちは。

新元号が「令和」になりました。

新しい時代の幕開けまで残り1ヶ月。

その間にあるのが、統一地方選です。

改めて、気を引き締めて精進して参ります。

 

前回の投稿に続いて、地方政策についてをお伝え致します。

希望あふれる教育の実現!

前回は待機児童ゼロに向けての施策提案について書かせていただきました。

今回は、いじめ根絶に向けてどのような施策を考えているのかを伝えさせていただきます。

 

子供たちの笑顔のために。

 

いじめ根絶に向けて

いじめ解決に向けて必要になるのが、心ある大人たちの勇気と智恵に基づく行動です。

学校側に対する施策と保護者向けの対策講座等の知恵の共有が肝要であると考えます。

学校側に対する施策

①いじめに関してのみ、ゼロ・トレランス方式を導入することを提案致します。

ーーーーー

ゼロ・トレランス方式とは、学校側があらかじめ規律と懲戒規定を明示して、それに違反した生徒を例外なく処分するという方法です。

ーーーーー

いじめは犯罪です。

犯罪であるいじめに関してのみこの方式を取り入れるべきではないでしょうか。

いじめの定義はいじめ防止条例ができ、明文化されています。

 

−−−−−

「いじめ」とは、「児童生徒に対して、当該児童生徒が在籍する学校に在籍してい る等当該児童生徒と一定の人的関係のある他の児童生徒が行う心理的又は物理的な 影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものも含む。)であって、当該 行為の対象となった児童生徒が心身の苦痛を感じているもの。」とする。なお、起こ った場所は学校の内外を問わない。

(文部科学省HP http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/08/20/1400030_003.pdf)

−−−−−

その定義に該当する行為が認められた場合は、例外なく罰則をもうけます。

いじめ以外の問題に関しては柔軟に対応できることを担保されなければなりませんが、あくまでも犯罪行為でもあるいじめのみに適応を限定します。

 

②いじめ隠蔽行為に対する厳罰化

 

該当する行為が認められるにも関わらず、

教職員もしくは、学校が隠蔽した場合にもゼロ・トレランス方式を取るべきです。

隠蔽した教職員の処分を明確にする。

隠蔽した学校側への処分を明確にする。

 

いじめゼロを目指しますが、

隠蔽せず取り組み解決することをこそ評価すべきです。

 

いじめられている子供にとって、大人が見方になってくれると感じるだけでどれだけの力になることでしょうか。

 

③対策・対応講座の充実

学校・教員のいじめに対する知識があるかどうかで動き方が変わってきます。

そのため、対策・対応の講座を充実させます。

また、このような勉強の時間が確保できないのが教職員の現状ではないでしょうか。

そのため、教職員の時間に余裕を持たせるために検討しなければならないこともあります。

④教職員を生徒との関わりに特化

教育現場に求めることが日に日に増していっているように感じます。

しかし、教職員は多忙に多忙を極めています。

その中でも生徒のために時間を捻出している状態です。

教職員が生徒のために時間を使うことができるように、環境を整えることも肝要です。

公立において、部活を外部コーチに切り替えるなども有効です。

 

幼保育園なども同様かと思いますが、生徒に集中する時間を確保できるように環境を整えるよう関係各所と連携を取り、進めていくべきだと考えます。

 

保護者側に対する施策

対策講座の充実

私は一般社団法人「いじめから子供を守ろうネットワーク」の相談員の資格を持っています。

やはり、学校を動かすのは、保護者の力です。

いじめに対する対応策を知っているだけで解決することが多いのです。

(いじめから子供を守ろうネットワークHP http://mamoro.org/solution)

 

いじめ対応策の講座やICTを活用し、周知することが重要と考えます。

 

子供を守れる中央区にして参りましょう。

 

古田ひろきサポーター

古田ひろきをご支持くださる方は以下のURLよりご登録ください。

希望される方は、機関誌など発刊物もお届けさせていただきます。

サポーター記入フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/0ecd982a599854

LINE@ 古田ひろきのお困り事相談室

 

ラインアットというアプリを活用し、気軽に相談できる窓口を開設しました。

ライングループとは違い、匿名性が確保された中で相談もできますので、下記よりお入りいただき、どんなお困りごとでもご相談ください♪

それに対しての行動報告などもさせていただきます。

LINE@ 古田ひろきのお困り事相談室
https://line.me/R/ti/p/%40fdb6509k

コメントを残す