「日本政府から中国に対して国内の人権擁護の促進を求める要望書」署名の提出集会

元気があれば、何でもできる!志があれば、道は開ける!

日本政府から中国に対して国内の人権擁護の促進を求める要望書提出

昨日10月3日、首相官邸前にて、幸福実現党 東京都本部、神奈川県本部、千葉県本部にて「日本政府から中国に対して国内の人権擁護の促進を求める要望書」署名の提出集会を首相官邸前にて開催しました。

集まった署名は11,830筆。

3ヵ月ほどの短い期間でしたが、暑い中、ご協力いただきました方、本当にありがとうございました。

お疲れ様でございました。

この署名が一つのきっかけとなり、日本がアジア諸国のリーダー国として、自由・民主・信仰を踏みにじる国家から護る気概のある姿勢を示されることを心から願っております。

また、その一助となれるよう今後とも頑張ってまいります!

【要望内容】

一、中国政府の人権侵害について、日本政府は、国連などの公的な場で問題提起をし、解決に向けて積極的に取り組むこと。

一、日本において、中国などからの政治亡命者への保護体制を、米国並みの水準に引き上げること。

一、日本版「各国の信教の自由に関する報告書」を作成し、総理自ら、国際社会に向けて発表すること。

コメントを残す